バルトレックスで治す

性病での頻尿でバルトレックスの処方は何科で受ける?

性感染症について、英語の頭文字をとってSTDと言います。
STDとは、性行為によって相手からウイルスや細菌などが感染することで発症する病気のことを指します。
STDとして多いものはクラミジアや淋病、性器ヘルペスなどを挙げることができますが、尿道のかゆみや頻尿などの症状が現れます。
頻尿の症状があるときには高齢の男性の場合には、前立腺肥大症などの病気を疑ってみる必要がありますが、若い人であればSTDによる性感染症のことを考えてみたほうが良いでしょう。
性行為による影響によって頻尿の症状が出ているときには、何科に行けば良いのかわからないかもしれませんが、一般的には泌尿器科に行くと良いです。
女性の場合には泌尿器科や婦人科に行くことで、診察を受けることができます。
性病の一種として性器ヘルペスを発症する人が多いですが、ヘルペスに関してはバルトレックスという医薬品が有効です。
ヘルペスはウイルスが増殖する病気となりますが、バルトレックスはヘルペスウイルスの複製を阻害させる効果がありますので、服用することで症状を治癒することができます。
ヘルペスの症状は口唇や性器の周囲に水ぶくれのような腫れものができて、痛みを伴います。
バルトレックスを服用することで、ウイルスを撃退するだけでなく、増殖を止めることができるので再発を防止するためにも効果があります。
バルトレックスは経口薬となりますので、朝と夜に1錠ずつ水と一緒に飲む方法で服用します。
病院を受診することで保険適用を受けることができますので、高い費用がかかる医薬品ではありません。
腎臓に問題を抱えている人の場合には、服用に際して医者と相談して検討する必要があります。

ページの先頭へ戻る