バルトレックスで治す

名医からバルトレックスを処方で早い時期に性病治療

性感染症とはSTD(sexually transmitted disease)とも呼ばれ最近では若年層の若者や高校生といった未成年者の感染も多くなっている病気です。これは性病に関する教育やリスクについての認知が不足していることが伺え問題視されはじめています。また性感染症の治療分野でも様々な治療方法や治療薬が開発されていますが、特に近年流行っているのが性器ヘルペスです。性器ヘルペスは感染後、性器周辺に痒みや痛みといった症状の他に赤く腫れあがるできものができるなどの症状が一般的に多く報告されていますが、感染しているにも関わらず症状がでないケースもあり自覚症状がないままヘルペスウイルスが体内で増殖をし、時期を見て突然重い性病として現れることもあり非常に厄介な病気です。このヘルペスウイルスは感染後、自然と治る病気ではないので感染が認められたら治療時期は早急に治療することが大切です。特にヘルペスの治療に良いのがバルトレックスというお薬です。バルトレックスはインフルエンザのお薬であるリレンザを開発している製薬会社グラクソ・スミスクライン社から販売されているお薬で非常に即効性に長けており、ヘルペスといった性病の治療に大変効果があります。また副作用が少ないといったメリットもありますが、服用用法を間違えたり、他のお薬と併用することで吐き気や下痢といった副作用が強くでる場合もありますので、使用する時には使用方法を必ず確認してから服用しましょう。また、ヘルペスはとても再発リスクが高い病気としても有名です。治療しても何度も再発を繰り返してしまう方は専門の病院で性病の名医に相談すると良いでしょう。特に性病科のある病院では性病に長く携わっている名医が数多くおりますので、不安や悩みもしっかりと解決してくれます。

ページの先頭へ戻る