バルトレックスで治す

バルトレックスが効くヘルペスの種類

バルトレックスはヘルペスウイルスに対する感染症の治療に頻繁に用いられている治療薬であり、単純疱疹や帯状疱疹、水痘などのしょうじょうが 生じた場合に適応があります。有効成分としてバラシクロビルを含んでおり、これが体内でアシクロビルに変換されることによってヘルペスウイルスに作用するようになるのが特徴です。そのメカニズムとして知られているのがDNAポリメラーゼと呼ばれるDNAの複製を行うのに必要な酵素を阻害する作用であり、これによってヘルペスウイルスが増殖できなくなることによってその治療効果を示すことが知られています。しかし、全てのヘルペスウイルス感染において用いられるわけではなく、その中でも単純ヘルペスウイルスに対して高い有効性があるのがバルトレックスです。ウイルスの種類によって持っているDNAポリメラーゼの形にも少しずつ違いがあるため、その阻害作用を十分に発揮して増殖の抑制に寄与でき、治療効果を期待することができるのは単純ヘルペスウイルスに限られています。疾患としてよく適用されるのが性器ヘルペスであり、身体の内部から作用させることが必須であることから内服薬であるバルトレックスが重宝されています。また、ヘルペスウイルス感染による症状の再発予防にも効果があることから、性病の蔓延を防ぐための予防投与にもバルトレックスが頻繁に用いられるようになっています。一方、単純ヘルペスウイルスヘルペスウイルス感染としてよく知られる口唇ヘルペスの場合にはバルトレックスはあまり用いられません、外用薬によって治療を行うのが比較的容易だからであり、より副作用のリスクが少ない外用薬が内服薬に比べて好んで使用されています。

ページの先頭へ戻る